2021
11.24

キッチンハサミの撮影

商品撮影講座, 実績 経歴, 商品 製品の撮影

キッチンハサミの撮影です。ステンレス製でヘアライン加工がしてありますが反射する商品です。

今回はある程度ライティングを組み立てた後ひとつひとつのライトの微調整をして商品への反射を見てみたいと思います。

説明しやすいようにライトに反射させる各部分をアルファベットで表記しました。
A. ハサミの裏部分 刃裏
B.小刃と外刃の部分でこのハサミの小刃はギザギザになっています。
C.右側はミネ 左側は側面
D.ねじからハンドルにかけての面

それではAの刃裏部分から表現を見てみましょう。


最初は刃裏のライトを消してみましょう。真っ黒に潰れてしまいました。このライトに影響されている部分も暗くなりました。ライトをつけてみましょう。

ハサミが正面を向いているので刃裏もほぼ正面に向いてしまっているためカメラが影にならないようにライトを入れる位置を工夫しました。下が明るく上にかけて暗くなるようにグラデーションを入れました。

次はDの面 ねじからハンドルにかけての平らな部分です。正確にはハンドルの持ち手部分が少し盛り上がっていてうまく反射させると立体感が出てきます。

ライトを動かします。
少しライトを離しました。

光を弱くすることでどこにライトがあたっているかわかりましたか。

元に戻しました ハンドルの形状がわかりやすいです。ハンドルの中心部分は緩い角がありこの部分を起点に右側にハイライトを作りました。左のハンドルの根元までハイライトが入り綺麗な曲線が表現されています。


次はBの部分小刃と外刃です。この部分は面の角度が違うので別々のライト2灯で表現します。
このハサミの小刃はギザギザなので普通のハサミの刃より反射しにくいです。
まずはライトを切ってみましょう。

光が入らないと寂しいですね。面が小刃も外刃も左を向いているのでライトを入れやすいです。

小刃のギザギザの歯が光っていることがわかりますかライトを微調整して反射させています。
次は外刃です。

うまく質感が出ていますね。刃裏とあうように下から上にかけて若干のグラデーションがかかっています。

次はC 側面のライトです。現在右側の側面ミネにはハイライトが入っていますがこのハイライトはライトが背景にあるために後ろから手前にかけて(後ろが明るい)グラデーションが掛かっています。(下右写真)丸みが掛かっているので外側を暗くして手前を明るいグラデーションに変えます。

左の写真がライトの位置を変えてハイライトのグラデーションを逆にしましした。理由は外側にハイライトがあると白い背景に置いたときにそのハイライトと背景が馴染んでしまうためです。商品の縁にグレーがあるとぼやけないので商品がはっきりしてきます。細かいことですけどちょっとの違いで見え方が変わってきます。

さあ どうでしょうかバレている固定具を処理で消して背景を整えます、色とトーン調整 傷の補正をしました。

素敵なキッチンバサミです。